日本パウル・クレー

サイトの説明文を記述します。

日本パウル・クレー協会について

日本パウル・クレー協会について

日本パウル・クレー協会は、1997年、クレー芸術を愛好する人々の集まりとして結成された

任意団体です。協会の運営は有限会社パウル・クレー・デザインが行っています。

当協会事務局では、クレーをはじめ様々な展覧会の企画制作、講演会、研修旅行などを通じて、

クレーの作品を理解していただくための活動をおこなっています。

クレーに興味をお持ちの方なら、どなたでも会員としてご参加いただけます。

クレー作品の使用について

  • 友人の画家二人

    パウル・クレー(1879-1940)の著作権は、日本では

    作者の死後50年を批准しているため1991年に消失
    
しています。
    (日本以外の大半の国々では70年批准です)
    このため
日本では著作権の行使はありませんが、
    IT時代となって
インターネットにより世界中に
    配信が可能な現在、
イメージ(画像)の使用は
    デリケートな部分を含んで
います。
    私的な使用を含め、事前に当協会までご連絡を
    戴ければ、著作権者の許諾を求めることができます。
    
また、著作権とは別に、パウル・クレーの商標権は
    アレクサンダー・クレー氏が日本(特許庁)で
    登録を
行っています。
    従って、クレーのイメージや名称を使用する物品に
    ついては、販売物・非販売物を問わず、登録者の
    許諾が必要となります。
    商標権管理について
当協会は、日本、韓国、中国、
    台湾における代理人と
なっておりますので、
    詳しくは当協会事務局までお尋ね
ください。
    クレー作品のポジフィルムやデジタルデータが、
    当協会の
ライブラリーに約400点あります。
    また、リクエストに
よってパウル・クレー・
    センター からデータを取り寄せる代理業務も行って
    おりますので、ご使用の際はお問い合せください。

  • 友人の画家二人

    パウル・クレー(1879-1940)の著作権は、日本では

    作者の死後50年を批准しているため1991年に消失
    
しています。
    (日本以外の大半の国々では70年批准です)
    このため
日本では著作権の行使はありませんが、
    IT時代となって
インターネットにより世界中に
    配信が可能な現在、
イメージ(画像)の使用は
    デリケートな部分を含んで
います。
    私的な使用を含め、事前に当協会までご連絡を
    戴ければ、著作権者の許諾を求めることができます。
    
また、著作権とは別に、パウル・クレーの商標権は
    アレクサンダー・クレー氏が日本(特許庁)で
    登録を
行っています。
    従って、クレーのイメージや名称を使用する物品に
    ついては、販売物・非販売物を問わず、登録者の
    許諾が必要となります。
    商標権管理について
当協会は、日本、韓国、中国、
    台湾における代理人と
なっておりますので、
    詳しくは当協会事務局までお尋ね
ください。
    クレー作品のポジフィルムやデジタルデータが、
    当協会の
ライブラリーに約400点あります。
    また、リクエストに
よってパウル・クレー・
    センター からデータを取り寄せる代理業務も行って
    おりますので、ご使用の際はお問い合せください。